読書

時間の余裕があって何でもしてもいいのなら迷わず「読書」をしたいです!

 

 

 

以前はビジネス書を買いあさって読んでいましたが、

 

 

 

最近では歴史ものが多くなりました。

 

 

 

短編小説よりも長編小説に魅力を感じてチョイスしてますが、途中で挫折することが多く本来の面白さを感じ取れていません。

 

 

 

 

 

 

先日知り合いから紹介してもらった本

 

 

司馬遼太郎の「菜の花の沖」

 

 

 

とりあえず全巻買いまして、読まなければいけない状況を作りました。

 

 

 

本来の面白さを感じ取れるようにしたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

アーカイブ